MENU

福祉・介護系の理学療法士

福祉・介護系の仕事の理学療法士の仕事について紹介したいと思います。福祉・介護系の仕事の一つである理学療法士は、体が不自由な人や障害がある人を対象にして、医師が指示した動作などを回復させるために、マッサージを行ったり、体操をしたり、場合によっては光線をあてたり、温熱をあてたり、電気を使って治療したりして、動作ができるようになることをサポートする仕事です。福祉・介護系の仕事の理学療法士になりたい場合には、国家試験を受けて、合格しなければいけません。福祉・介護系の仕事の理学療法士の免許を管轄しているのは厚生労働省です。福祉・介護系の理学療法士の資格を取るための受験資格は決められているのですが大学の入学資格がある人で、選ばれた理学療法士養成施設で勉強をして知識や技能を身に付けた人が受験することができます。

 

福祉・介護系の理学療法士の資格を受験するために必要な受験料は10100円になっていて全国で試験が毎年一回3月上旬に行われています。合格率は97.9パーセントということですからかなり高い合格率です。福祉・介護系の理学療法士の資格取得後は、病院や、リハビリテーション施設、保険センターや介護保険施設などの福祉・介護系の施設で働くことができます。

厳選5

#サイト名PRリンク