MENU

介護施設と保険適応

 

介護保険が適応される施設と、適応されない施設がありますから、介護施設などを選ぶ際には、保険の適応になるかどうかも確認しておく必要があります。まず指定介護老人福祉施設、介護老人保健施設、指定介護療養型医療施設、療養病床、老人性認知症疾患療養病棟などは、介護保険が適応される施設ですから、入所すれば、負担が減ります。介護保険が一部だけ適応される施設もあり、介護付き有料老人ホームや、経費老人ホーム、認知症高齢者グループホームなどがそれに当たります。経費老人ホームの中でもケアハウスの場合には介護保険の適用です。
介護保険が適用にならない入居施設をここで紹介しますが、高齢者向け住宅、有料老人ホーム、経費老人ホーム、グループハウスは、介護保険の適用になりませんから、入居しても全額自己負担ということになります。
介護保険の適用外に当たるのですが、補助がある入所施設もあります。それは養護老人ホームと呼ばれる施設で、養護老人ホームは対象外となっているのですが補助の対象になるという特徴があります。このように、介護施設と一口で言っても色々な種類があるだけでなく、介護保険の対象になるのかならないのかによって色々と違ってきますからよく確認した上で利用するようにした方がいいですね。
介護福祉施設で同じようなサービスを受けられたとしても、介護保険の適用になるところとならないところがあるということで、経済的な負担が大きく違ってきます。

福祉・介護系のケアハウス

福祉・介護系の施設の一つにケアハウスと呼ばれる施設があります。福祉・介護系の施設のケアハウスは軽費老人ホームのC型とも言われています。福祉・介護系の施設には、軽費老人ホームのA型とB型がありましたが、ケアハウスは福祉・介護系の施設の軽費老人ホームC型になります。どのようなサービスを行っている福祉・介護系の施設なのかというと、食事がついている高齢者を対象にしているマンションです。部屋は全室個室になっていて、食事や入浴、そのほか生活を送る上で何か困ったことがあった場合に相談員が相談に乗ってくれます。

 

ケアハウスと呼ばれる福祉・介護施設に入居できる人は、60歳以上の人で、何らかの体の機能の低下で自炊ができないと認められている人や、お年寄りで一人で生活することに不安がある人などが入居することができる福祉・介護系施設です。健康であることが前提ですから、寝たきりになってしまったら退去しなければいけません。福祉・介護系施設のケアハウスの費用は、入居する人の収入によって費用は変わってきますが、だいたい50000円から、150000円くらいが相場になっています。介護保険の適応にはならない福祉・介護系の施設です。

福祉・介護系のケアマネージャー

福祉・介護系の仕事の一つにケアマネージャーという仕事がありますが聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。福祉・介護系のケアマネージャーの仕事というのは、介護保険制度で、居宅介護支援事業者や介護保険施設などで、介護サービス計画を作るという専門の仕事を行っています。福祉・介護系のケアマネージャーがいる介護保険施設というのは特別養護老人ホームや、老人保健施設などです。福祉・介護系のケアマネージャーは、介護サービス計画を考えるのですがこれはケアプランと呼ばれています。他にもケアマネージャーの仕事としては、介護認定を受けるための調査を行うという仕事もあります。

 

福祉・介護系の仕事であるケアマネージャーの資格は公的資格です。ケアマネージャーの資格試験を受験するには、受験資格が必要です。福祉・介護系の仕事のケアマネージャーの資格を取得するための試験は、各都道府県ごとに行われています。合格率は25パーセント前後ということですからそれほど高くないのが特徴です。この資格を取得したあとには、福祉・介護系の仕事である訪問看護事業所や、老人介護支援センターなどをはじめとするさまざまな施設で仕事をすることができます。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1審査の甘いカードローン10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1審査の甘いカードローン10